【FW18】リア足回り仮組&エキゾースト

今回はキットには無いエキゾーストを作っていきます。
ここを作らないと今まで修正してきたリア足回りが組めないので進めておきましょう。

20190307-5.jpg

3mmのプラ棒を熱で曲げて1本菅部分を作り、2mmのプラ棒x2も熱で曲げて分岐部分を作り、プラ接着剤で接着。2.6mmの真鍮パイプx2の内側をリューターで削り、肉厚が薄く見えるように加工してから黒瞬着で接着。2.6mmのプラ棒を持っていないので分岐部分が細くなっていますが、真鍮パイプを2mmにすると細すぎて後ろからの見栄えが悪かったのでこんな構成になってます。

これを組み込めるようにアンダートレイ側を加工します。

キットの状態では実車の構造は無視して(まぁ当たり前ですが)ロワAアームが謎の台に乗る構造になっておりエキゾーストが入りません。エキゾースト自体がキットには無く全く考慮されていないためその台を削り空間を作ります。
20190307-1.jpg
これ以上幅を広げてはダメというラインを書いてBMCタガネでガンガン掘ります。2mmのタガネが大活躍!ライン上は細いタガネで先に掘っておくとガンガンいけますよ。見えないであろう奥側は手抜きですが、ここは後からでも奥側に掘れるのでまずはアームの下側をしっかり。後で足が浮くとかエキパイ入らないとかになるとテンション下がりますからね。

これはこんな風に組む事になります。

20190307-2.jpg

こういう見栄えになるので、3mmプラ棒のちょっとエキゾースととしてはちょっといびつな曲げ具合は隠れてしまいます。ロワAアームとドライブシャフトの間にエキゾーストエンドが来るので、真鍮パイプは2.6mが限界でした。ちょっと隙間も残さないと塗膜の厚みなどで入らなくなりそうですし。



アーム類のヤスリで荒れている表面をきれいにして、アッパーAアーム頂点を真鍮板に置き換えてから、足回りを仮組してみましょう。

20190307-3.jpg

んん〜〜〜良い感じです!

ロッカー周りがちょっとずれているのは各所可動するので、固定しないとちょっとグラグラなんです。可動させたいというより可動した方が精度にすこし余裕が持てるからです。

修正前はこんな感じでした。

FW18__6024.jpg

全パーツが付いていないボリューム感の違いもありますが、パーツがすべて貧弱なのが随分マシンらしくなった!

と勝手に思わせてください。

カウルを乗せるとどんな感じになるか、、、

20190307-4.jpg

センターディフューザーが固定していないのでずれていますが、、、

ショックアブソーバーが全然見えねぇ!
ショック!


とはいいつつ今回いろいろ作ってみたのは、今後フルディテールのキットで足りないパーツを作りたい場合にどの辺まで自分で作れるのか、あまり見えない部分で練習しておきたかったのもあったので良い経験ができたと思います。やっぱり素材のサイズはいろいろ揃えたいですね、、、旋盤ほしい(くどい)。

一番の目的であるプッシュロッド周りと、カウルの穴からちょっと見える機械感は思った通りになりそうです。穴から見える部分のディテールアップが楽しみになってきました!!!!

次回よりこの上に乗せるリアウイングの支柱などを進めていきたいと思います。

プロフィール

DENDOH
DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。時間に縛られず、やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。

twitter