【FW18】ボディ整形3&アンダートレイ整形1

ボディの整形を進めながら接合するアンダートレイも同時に整形に入ります。
3年のブランクは無い事にしたかのようなこの書き出し!

まずはボディの曲線が気に入らないのでポリパテで修正、、、、、、と思い新品のポリパテを開けてみたところ、、、

FW18_2018IMG_4321.jpg

なんじゃぁこりゃ。
成分が分離している上に全てガチガチに。白い部分はちょっと美味しそうな感じですが、ポリパテのあの匂いの成分が全て凝縮されたような凄まじい臭気。一度も開けたことがない新品でしたが3年はもたなかったようです。同様の製品であると思われるロックポリパテを注文して作業再開。

FW18-2018_8465.jpg
ポリパテが乗っている所の角度がキツすぎたので資料を元に修正。形を修正したインダクションポッドも内側に少しポリパテを塗りつけて角を丸めるようにペーパー処理。インダクションポッドはもう少し修正が必要かもですね。

購入した新しいポリパテですがケチって古い硬化材を使ったら硬化不良を起こしました。二液混合型の物に関しては今後全てちゃんと使えるかどうか確認してから使わなくては。ウレタンでこんなことが起きたら絶望です。みなさんもお気をつけください、、、



修正したボディ後方に合わせアンダートレイ後方も修正していきます。

まずはボディとアンダートレイの合いに隙間があったのでこちらもポリパテで修正。
薄付になる可能性が高いので、アンダートレイ側にポリパテが食いつきやすくなるよう少し傷をつけます。
FW18-2018_8472.jpg

ポリパテが付いて欲しくないボディ側にメンソレータムを塗ってむにゅっと押し当てます。

FW18-2018_8473.jpg

ポリパテは固まり始めると軽く発熱します。発熱がなくなった位でボディを外し、8割硬化くらいの所でカッターで削ると後の整形が楽です。一気にカッターで削ごうとするとボロっと外れてしまうこともあるので、切れ味のいい物で薄く削ぐように。写真忘れたので次回また書きます。

リューターなどを使ってこんな感じに。右側が作業後です。

FW18-2018_8475b.jpg

FW18-2018_8476.jpg

ボテボテ感が無くなり、良いのではないかと!

正直完成後は足回りのパーツなども加わるので、あまり見えない部分ではあります。ですがF1マシンはフルディテールや70年代のマシンなどでもない限り入り組んだメカっぽさを表現できる部分があまりありません。FW18は作業したボディ後方よりもっと後ろのパーツや、この辺からチラ見えする機械感にちょっと面白いポイントが沢山ありますので、SA07の時も細かく作業しましたが目立たないとはいえ細かく作っていこうと思います!

引き続きボディ修正と同時にアンダートレイの作業が必要なので同時に進めていきます!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
total 6 pages
プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王