【MP4-13】ウイング塗装開始

塗り分けの塗装行程も一通り経験できたので、同じやり方でウイングの塗装に入ります。

下処理はこんな感じで進めてあります。


・Fウイング下処理1
・Fウイング下処理2
・Rウイング下処理1
・Rウイング下処理2

まずはメタリックグレイの部分を一括で塗ってしまい、デカール作業を。

DSC_6306.jpg

デカール面は薄いラッカークリアを塗ってから、裏面にカーボンデカールを。
STUDIO27平織りSS。こちらはアンダートレイと同じく。
実際はめちゃくちゃ細かい綾織りのはずですが、あまりにも細かすぎるので平織りの最も細かい物で。「なんか折り目がある、、、のかな?」位にしか見えないかもしれませんね。資料は実車のパーツを持っている方のWebを参考にしました。ということで画像はちょっと出せないので検索してみてください。

画像右のパーツはリアロワアーム付近のカウルです。

フラップも塗装開始。
DSC_6310.jpg

フロントのフラップには白が無いのでシルバーを。
リアはボディと一緒でホワイトから塗りはじめます。写真では下地処理の甘い部分を奇麗にしているのでホワイトはまだ塗っていません。

下処理時に補強の部分を全て削ってしまったので、慎重に作業しないと折りそうで怖い。
特にリアウイングは頑張ってやらないと、、、

ついでにこんなパーツも塗ってしまいます。


DSC_6312.jpg

小さい方はリアカウル中心の峰最高端です。
コレにもグラデーション塗りをしなくては、、、


翼端板にデカールを貼った時思ったのですが、黒いパーツはすごくシルバリングが目立ちます。10年前くらいのキットなのでデカール自体の品質が悪い可能性もありますが、曲面部分で少しでも糊が甘いとめっちゃ目立ちます。F60では出来なかった経験ですね。


引き続きウイング作業を進めます。
フロントは結構早く進みそうですね。



ではまた!





にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王