【SA07】リアベーン&フィン

リアフリップアップ下のベーン&フィンです。

キットの物はベーンの形状が大きすぎると感じたので削り、平らにしてしまったアンダートレイ側の凸分1mmのプラ板を足して仮止めしてみました。
SA07_1891.jpg
枠内写真のピンク部分が削った箇所です。取り付け位置はアンダートレイに付いていたダボ部分に穴を空けてずれないようにしたのですが、実車より内側(ボディ側)に入っているようです。写真の角度があまり良くないのですがフィン自体もフリップアップより長くなっているのと、フィンの位置が上すぎるのでこれも修正したいです。


しかしこのパーツ、左右を並べてみると明らかに右パーツの方が縦に長く、左右のサイズをそろえて仮止めしたら右側がスカスカになってしまいました。写真は撮り忘れ、、、ごめんなさい。

同じパーツのサイズにして装着具合に差があるという事はボディ側がおかしいという事。自作トースカンで高さを測ると左右で約2mmほど差がありました。ベーンパーツの長さが違うという事はこれはレジンの反りではなく原型自体のズレかと思います。ま、そんな事もあるだろうという事で修正。

右側を低くします。
SA07_1887.jpg
同じ高さになるようマスキングテープで固定したら、レジンは熱で変形しやすいとの事なので、はんだこての先端をホットブローに付け替えて熱します。使っているこてはコテライザー。はんだごて、ホットブロー、バーナーと変えられるのがコテライザーの面白い所です。

修正して同じ高さになりました。
SA07_1888.jpg
ニードル先端の高さが左フリップアップの高さです。修正後計り直しているのでニードルの角度が変わってます。

フリップアップ自体が2mmずれているとこの後方に来るタイヤなどの高さと比較できてしまうので、結構目立つんじゃないか?なんて思いました。結局は人に見られてと言うより自分が気に入らないってだけなんですが。簡単な作業でバシっと修正できてすっきり!



ベーン自体にもう少し作業。

SA07_1962.jpg

フィンを切り出して0.3mm真鍮板に置き換えます。はんだでくっつけ。その他固定用の洋白線を埋め込み。二本の方が0.5mm、一本の方は0.8mmです。


取り付け位置も若干変更。

SA07_1963.jpg

ベーン前側をアンダートレイ側面に近くなるようにし、後方に向けての角度もキツくしておきました。フィンの位置も下がっているのが分かるかと思います。

フリップアップの黒瞬着は位置決めに失敗した穴。こういう所はなかなか一発でいきません。まだまだ経験が必要ですね。


もうちょっと薄い真鍮板を使いたい気持ちもあります。しかし不安要素も色々あるので今回は0.3mmで統一し完成してからまたどう感じるかを楽しみにしたいです。まずはレジン&メタルの初体験という事で僕なりの安全マージンを残しつつで。0.3mmでも結構シャープになっていると僕は思いますが、あ、今の僕にはですね。


次回はフロント足周りにある細かい空力パーツを作業します。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王