【SA07】サフ吹き1回目

ついに塗装開始です。

バババ!っとサフ後の奇麗な姿をアップしようと思っていましたが、今までの中で一番修正が多いサフ吹きとなっていますので、経過を書きつつガレージキットを作った事が無い方への安心材料になれば。

サフの前にミッチャクロンを全体的に吹きます。
その後クレオスのMrプライマー・サーフェイサーを使用。

まぁ、あっちゃこっちゃと無い腕で変更を重ねてきたのでその辺に修正箇所がたくさんあります。

SA07_2_3480.jpg
この辺は黒瞬着の巣と段差(コクピット部)ですね。


SA07_2_3482.jpg
こちらはチムニー後方を真鍮板とはんだで延長した所。メタルはペーパーを当てるとギラギラしちゃっていまいち状態がわかりにくかったです。


SA07_2_3483.jpg
そしてこれは場所変更とともにレジンで新造したバルジの巣です。レジンの発泡だと思います。


僕はサフを吹いたらその穴埋めは似た材料のパテで行います。つまりラッカーパテですね。サフを細吹きで厚めに吹いてカバー出来そうなところはそっちを選んでいる場合もあります。サフの上から瞬着やポリパテなんかは使いません。下地のラッカーサフに融合する方法を選ばないといつまでたっても段差が消えないとかそういうことが起こるかと思います。問題ないよ!って方はそうしてください。完成が良ければ道筋は人それぞれ好き勝手で良いと思うので自由にやりましょう。

こんな感じで溶きパテを盛って
SA07_2_3484.jpg
とにかくラッカーパテは芯まで乾燥するのに時間がかかるので、3〜4日以上放置です。表面が乾いても芯がまだだとペーパー後に引けます。なので3〜4日待つというよりは模型に触れないような日の前にやっておくと良いかもしれません。ってそんなペース配分の方が難しいか!


ということでチマチマ修正していると
SA07_2_3519.jpg
こんな風な擦れだらけのきったない&情けない状態になります。
サイドポッドの開口部の形が気に入らなかったので修正してます。ポリパテを使うのでサフを一回落としてから。こちらはまた後日書きます。


今年もう一回くらい記事が書ければと思っていますがどうでしょう。年始は久しぶりにぶっ通しで模型作りができそうなので堪能したいと思います!!!

それでは皆さんよいお年を!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王