【MP4-13】ブレーキ関係制作

バランスを見る為にタイヤ装着へ向けた作業を続けます。

しかしオリジナルのキットとは違いパーツ自体を製作しないと組む事が出来ません。その部分は逆に言えばトランスキットのおいしい場所なので頑張って作っていきたいです。

前回でアップライトは下処理したので、ブレーキディスクの作業。
トランスキットではアルミのパーツとエッチングでここを作ります。

DSC_4814.jpg

外周にエッチングを巻きます。巻くエッチングパーツが5本入っているのは親切ですね(一本切り出し済み)。

DSC_4816.jpg

モノコック先端の時と同じようにエッチングとの段差ができてしまうので、瞬間接着剤で埋めてしまいます。ここでパテを使用しなかったのは側面の穴が埋まってしまってもピンバイスで穴をあける為の目印を残しておく為です。思った通りに盛りつけたい場合はパテ、埋めちゃえば良いだけの時は瞬間接着剤という感じで使い分ける事が多いかも。まだ経験は少ないですけどね!w


ちなみに切り出したエッチングパーツのでっぱりにはこれを使ってます。
DSC_4844.jpg
エッチング以外には使用していません。エッチングに引っかかる事無く奇麗に削れます。


リューターに取り付け回転削り→ミッチャクロン→サフで確認OK。

ここは他にパーツが色々付くので先に塗装を完了させてしまいます。

DSC_4841.jpg

フラットブラック+シルバー+ホワイト+ブルーでかなりグレーだけど固そうな感じにしました。資料を見る限り実車も多分カーボンディスクだと思うので、ざらっとした炭素の塊っぽくなるようやってみました。


当ブログにもコメントを頂いているラグにゃんさんという方が、黒の質感(黒だけじゃありませんが)を1つの模型で5種類表現されていました。塗ったパーツ単体で見ても違いはあまり分からないかもしれませんが、全体で見た時にパーツの密度感が段違いに良く感じたので、僕も色々やって近づけるように経験値上げていこうと思います。


次にディスクヘ取り付けるパーツの製作。

トランスキット説明書を見ている時はさらっと流していましたが、、、
mafhjkhgfcxcvbhjkhgfdx.jpg

エッチングの側面に接着だと!?
あんな薄い側面にかよ。しかも円のエッチングを貼り合わせるのでずれたらまずい。

とにかくやるしか無い、という事でなんとか。
DSC_4842.jpg

やたら緊張しました。
接着してある金属線は0.5mmのものを10本つけます。
余った線を切り飛ばし、表面をペーパーで整えて何とか完了!

DSC_4845.jpg
未接着ですがディスクとあわせるとなかなか良い感じですね。
つまようじが太くみえますw
もう少し先端をペーパーで奇麗にするのと、実車ではこんな鏡面ではないのでシルバー系で塗装しようと思います。キラッとしているのも良い感じなんですがちょっと飾り過ぎのように僕は思ったので。

このパーツをあと3つ作らなくては、、、



全て終わったらトランスキットでもっとも大変であると思われるホイールの取り付け部を作業します。


ではまた!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

No title
なかなか恐ろしい工程ですな。
これはガッツリとハンダ付けをしろと言う事でしょうか?
しかも後3枚!
私なら考えただけでクラクラしますね~(笑)
ブラックの質感表現、参考になったようで嬉しいです。
これから楽しんで下さいね~。
ラグにゃんラグにゃん| 2011.05.02 10時50分 | 編集
No title
うふぉ!取説のイメージとはえらい違いですねぇ・・・・・・

爪楊枝が割り箸にみえるし~(汗)
どうらくどうらく| 2011.05.02 11時37分 | 編集
No title
なんじゃ!このパーツとこの作業!!
ピンセットがトングに…つまようじが菜箸に見えてくる。
DENDOHさん、よく作業できますね(驚)
しかもこんなに小さいのに写真も鮮明で。
このくらいの精度の模型をデアゴに作ってもらいたかったっす!
teruteru| 2011.05.02 23時24分 | 編集
Re: No title
>ラグにゃんさん

ぬおお、ハンダ付けですか、、、全く頭から抜けていました。色々テクニックがあるそうですが、早めに材料など調べておいた方が良いのかもしれませんね!

ブラックの方は本当参考にさせてもらいました。今回僕なりに黒にこだわり完成させてみれば、案配も少しわかりそうです。ブログの方で塗装のテク見れるの楽しみにしています。

何気に今回の作業のモチベーションはブラックフットのスポーク作業なんですけどねw
DENDOHDENDOH| 2011.05.03 00時59分 | 編集
Re: No title
>どうらくさん

本当説明書の段階ではさらっと流してしまいました。
「あー横にこうやって貼って再現するのねー」みたいな。

完成をさらっと出せば良いかなと思いましたが、今後トランスキットを使う人が僕の記事を良くも悪くも参考に出来れば良いなと。

一日一個づつ作っていこうと思いますw
DENDOHDENDOH| 2011.05.03 01時07分 | 編集
Re: No title
>teruさん
めちゃ小さくて作業的に無理あるんじゃないの?と思いましたが説明書に完成写真があるので気合い入れました!
ここでこんなに詳細な物を作ってしまうと、全体のバランスで他も同じスケール感で考えないとならないかもしれません。

下処理が全体的に終わったら再度資料を見直す必要ありですね。
どどど!っと作業がさらに積み上がった気がしますw

F60と同じく完成は急がず納得いくまでやります!
DENDOHDENDOH| 2011.05.03 01時33分 | 編集
No title
DENDOHさん
このパーツ、よく考えたらハブを張ってからハブをガイドにしてディスクに孔を明け、片側端面を綺麗にカットした洋白線?を刺した方が楽かも(って遅かったか)
このエッチングがステンレスなら、ハンダ付けは専用フラックスがないと難しいです。

ブラック塗装でカーボンディスクの塗装は、フラットブラックの上にシルバーやガンメタの缶スプレーで、離したところから荒くフワッと吹くとつぶつぶが飛んでらしい感じになりますよ~。
こちらも一度挑戦して下さいね~。

ラグにゃんラグにゃん| 2011.05.03 07時52分 | 編集
あるカスタムへのヒントに感謝!!
これは…

DENDOHさん
今回の記事、ボクにとっていいヒントをいただきました。
あるパーツの突破口が見つかりました~!!


しかし質感が見事ですね!!
吸収させていただく事が多く、いつも感謝してます^^
ナイトロットナイトロット| 2011.05.03 17時17分 | 編集
Re: No title
>ラグにゃんさん

ぬおお、なるほど!そこに挿していけば無理ない接着と安定した固定ができそうですね。実車も貫通してるわけですしアイデアが乏しかった、、、 めちゃくちゃ為になる情報ありがとうございます!これで経験値がまたアップしました。

ブラックの方も無理に調色しないでももっと楽にできたという事ですね。缶スプレーという所もポイントなんでしょうね!

さすが経験値がすごいです。じゃんじゃんパクらせてもらいますので、また違った角度からの見方があったら是非!
DENDOHDENDOH| 2011.05.04 17時43分 | 編集
Re: あるカスタムへのヒントに感謝!!
>ナイトロットさん

むむむ、、、いったいどこだろうw
均等なディテールを巻き付けて再現するところかな、、、気になるww

僕が考案した訳ではありませんが、細かく製作方法をアップした意味が思わぬところであったならとても嬉しいです。このトランスキットを使った製作記はほとんど見当たらないので(邪道すぎるから?w)、面白い資料になれば!僕自身も今後の製作に大きなヒントとなりそうな物がトランスキットに沢山あったので、十分元は取れてるかもしれません!
DENDOHDENDOH| 2011.05.04 17時54分 | 編集
なるほど
上のラグにゃんさんのコメに感動してしまった。
おいらこの記事を見て作るの結構大変そうだなぁってみてました。
きっとラグにゃんは取説を実パーツをみて手順を考えられたのでしょう。
やはり自分で考えるクセをつけなければ…
改めてラグにゃんさんの向上心はスゴイと感じました。

DENDOHさん、よくこんな細かい作業できますね。(驚)
おいら手がプルプして組めないんじゃないだろうか…
改めてDENDOHさんの器用さにも感動しました。

ナイツ氏
これと同様の方法でハブをカスタムするつもりでしょ?
おいらも現物見たときにもう少しリアルにできないもんか…と思ったもん!
正解でしょ?
teruteru| 2011.05.05 22時54分 | 編集
リアルですね
今はこんなすごいものがあるんだ!

凄いですね(汗)
メッチャリアル!

しかも、爪楊枝の太さからしたら
だいぶ細かいパーツの集まりですね。
大変だけど、楽しそうです(笑)

ちなみに、似たような事を実車でやるのに
金属加工屋さんにパーツ発注しました。
もう1/1モデルです。

頑張ってください!

ロゴ夫ロゴ夫| 2011.05.06 01時29分 | 編集
Re: なるほど
>teruさん

本当思っていたより細かくてちょっとトランスキットをなめていましたが、逆に言えば通常のキットでは出来ない経験を出来ています。これはディテールアップや小さいパーツに接着剤をはみ出さないようにつける練習になっているので、以前よりカスタム構想の幅が広がるかもしれませんね。

僕も手がプルプルですよw
DENDOHDENDOH| 2011.05.06 03時51分 | 編集
Re: リアルですね
>ロゴ夫

面白いキットがあるもんです、、、
でも販売されている同社のセットトランスキットは、F1マシンではMP4-13、MP4/4、フェラーリのF1-2000の3台のみなのが残念です。ディテールも実車をよく調べていて、精細なパーツなのに実車を全く無視しているという事がないのでこの会社はとっても面白い事をやっていますね。

実車では耐久性も考え無いといけないので大変だと思います!
バイクの時は色々やっていましたが、車は全くいじらずノーマルで乗っています。

ブログの方はすごいですね、、、もうほぼ全て自分で作っているように見えますがw
エンジン載せ変え楽しみにしています。
DENDOHDENDOH| 2011.05.06 04時32分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王