【MP4-13】サイドポッド内/右

右側ラジエータ横のパーツを作り込んでいきます。

ここはキットに無いパーツを幾つか自作しなくてはならないので、まずは部品を別々に作っておきます。

DSC_5676.jpg

ボックスは既に塗装とデカール貼りが完了しています。
タンクのような物とこのボックスはキットではくっついていますので切り離して、アンテナ部分を模したモールトをも切り落とします。タンクはトランスキットにも金属っぽい物が付属していたのですが、キットのプラを利用。
タンク横にある小さなポッチはトランスキットの物です。

その他は洋白線と真鍮パイプ、アルミパイプ。


まずはベースとなるアルミのパイプ部分を。

DSC_5679.jpg

こちらの記事の通りモールドは切り落としているのでこれをパイプに置き換える感じです。
お得意の熱収縮チューブとラピーテープでそれっぽく。

ボックスを取り付ける部分は位置調整の為に少し切り落とし。


自作したパーツ類に色を付けパイピング!
DSC_5682.jpg
ラジエータのバンドはトランスキットのエッチングです。
アンテナ線は微調整が必要になるので先端まで作り込まず、洋白線ブツ切りのまま取り外しできる状態にしておきます。


もしかしたら普通に作っていくとこの辺の作業はかなり後回しになる部分かもしれませんが、こうやって付け加えていくとカウルとの合いがちょっと怖いです。なのである程度パーツを組み込んで、カウルやモノコックを塗装後に調整する事が無いようにこの手順にしてみました。

モノコックとカウルを仮に取り付けてみたら、、、、

案の定パイピングでカウルがしっかりはまらなくなってしまいました。
写真無しですいません。

色々見た結果、ケーブルの逃げを作ればいけそうなので、モノコックを少し削ります。

DSC_5671.jpg
ここを

DSC_5673.jpg
こんな風に削ります。
実車ではこれより薄くなっている感じですので、気にせずにざっくり!
MP4-13_0209.jpg

これでケーブルの逃げを確保できました。
DSC_5672.jpg
ただし0.8mmのケーブルはどうやっても無理そうだったので、0.5mmに変更。


こんな調子だとまだまだカウルの塗装は怖いですね。
中身をある程度進めて、ちゃんと収まるのを確認してからボディを進める事にします!
まだラジエータは完成していません。後は干渉等が怖くない部分なので後回し。


ところで本記事でF60の全製作記の回数を並んでしまいました
製作記が細かすぎるのか、やる事が多いのかは分かりませんがこれはかなりの記事数になりそうな感じです。仕事の合間を縫ってではありますが、やる気ビンビンなのでまだまだお付き合いください!
頑張るっす!

次はリアのサス周りを作業予定。
この辺も色々追加予定なのでカウルとの干渉がおっかないです。
中身てんこ盛りでカウルがしゃくれちゃ~タバスコアントニオなので、やさしくソフトに時に力強く作っていきます。なんのこっちゃ。


ではまた!


dfsghjklgfdsfhjklhfさdsfghjklgfdさdfgh
MP4-13_0191.jpg
※右側ボックスのデカール部分は資料によって色々だったので、キットの指示通りにしました。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

No title
すっげぇ~!!
なんという精密度…実車画像と比較し、そのこだわり具合が良くわかります。
一つ一つの作業がすごく丁寧な印象があります。
これがDENDOHさんの強みですね。
おいらは既に手をいれたり、塗装が完了したパーツに干渉する箇所や塗膜が変になった部分なんて出てきたら見なかったふりします。
もう一度、削り直したり、塗り直したりなんてどんでもないって感じです。
ここでひと手間がかけられるどうかが仕上がり具合を大きく左右するのはわかっているんですがね…。
すごく楽しんで製作しているのが伝わってきますね。
次の記事も楽しみです。
teruteru| 2011.07.25 01時16分 | 編集
No title
同じくすげ~(爆)

もはや芸術作品デスヨ~コレ♪

プロデビュー検討されては如何?
どうらくどうらく| 2011.07.25 08時34分 | 編集
Re: No title
>teruさん

ありがとうございます!
どこまでやればいいかの判断が本当難しいです。完成させてみて自分でどう思うかを楽しみにしつつバランスを経験できれば良いですね!

最後にガウルが浮きまくっているのだけはなんとか避けたいので、できるだけボディ塗装は最後にする予定です。めちゃくちゃ効率悪そうですが僕的にはこれが最短ですので、まだまだ長々と続きそう、、、

完成品を見る未来の自分に早く合いたいですw
DENDOHDENDOH| 2011.07.26 15時12分 | 編集
Re: No title
>どうらくさん

ありがとうございます!

この後どうなるか全く想像もできませんが、外装ピカピカで中身は手で触ったら何かのススが付きそうな感じに仕上げられれば、、、、バラバラに崩れそうなマシンにならないよう祈っていてくださいw
DENDOHDENDOH| 2011.07.26 15時31分 | 編集
手が入っていますね。
ラグにゃんはかなり前から模型作りにハマっています。
当然いろんな完成品も見ていますが,恐ろしく手を入れた模型でもオモチャに見えたり,ストレート組なのに凄く実感が有ったりと,色々でした。
どうらくさんへの返コメで,外装ピカピカで中身はススがつきそうな感じと言うのは、昔からラグにゃんが取り組んでいるバランスですね~。
何か,細部を細かく塗り分ければ塗り分ける程オモチャっぽく見えると言う?
で,ラグにゃんは内部構造物にはウオッシングなどでカラーのトーンを落とします。
バイクなどでも同じで,スケールに見合った影の出方を考えながらウオッシングでトーンを落とします。
ここら辺のバランスが面白く,以前はF1もかなり作りました。
省略しながら実車感を見せる表現を今は心がけています。
作っていない所が見えると言う様な表現が出来れば良いかなっと。
ラグにゃんラグにゃん| 2011.07.26 20時56分 | 編集
Re: 手が入っていますね。
>ラグにゃんさん

なかなか悩ましい事ばかりで資料を見るたびどこまで作ろうか悩んでいました。でもパーツが徐々に姿を現してくると、なんとなくですが自分的にここは省こうというのが見えて来た気がします。この辺はもう自分が良いと思える方向を進むしかないかなと。

ウォッシングはやってみると僕の思う質感にかなり近づいてることにMP4-13で気がつきました。
まだまだバラバラに作っている段階なので、内蔵だけ最後に調整するかもしれません。

とにかく今は名一杯作り込んで、完成したプラモを自分でどう思うか、、、基本わくわくしながらやってますので初のフルカスタムを存分に楽しんでみたいと思います!
DENDOHDENDOH| 2011.07.26 23時12分 | 編集
No title
2作目にしてこのレベル………
まったくもって凄い!!
小さな模型に手を入れる喜び、なんか楽しんでやっておられるなぁとつくづく思います。
MP4-23で煮え湯を飲まされたダメージ、辛い思い出しかなくなんかとてもモチベーションが下がるばかりのボクです。(泣)
DENDOHさんの制作記で楽しませていただきます。^^
ナイトロットナイトロット| 2011.07.27 14時14分 | 編集
Re: No title
>ナイトロットさん

ありがとうございます!
探り探り色々試して沢山作ってを繰り返して、自分なりの完成形を思い描けるようになれれば、、、なんてまだまだ先の話ですねw


デアゴですが、、、CBに集中の方向でいかがでしょうかw
二つの大物同時に作っていくのはかなりしんどそうですね、、、
DENDOHDENDOH| 2011.07.28 01時29分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王