【MP4-13】デカール&塗装の考察

ディテールアップしたカウル内パーツとカウルとの干渉具合がハッキリして来たので、外装の塗装を進めたいと思います。


トランスキットを導入しても外装の塗装等には影響が無いので、キットと同じように進めても問題ありません。

キットではシルバーとガンメタを大まかに塗り分け、境界線になるブラック部分やサイドのホワイト部分をすべてデカールで表現する仕様。塗装の境界線もデカールで隠せるという最低限の手間で良い結果が得られるようにとても考えられたキットだと思います。

F60と違う行程の塗装ができるキットだな!と思っていましたが、、、

しかし!


名称未設定 1

ボカシ部分に網点が、、、
印刷技術的に仕方ないのでデカール自体に文句を言う気はありません。
ボカシを何とか表現しようと頑張ったと思います。

実際にこれを使用した場合、ガンメタと黒の境界線の場合はガンメタ自体がキラキラ(悪く言うとブツブツ)しているのでこの網点も埋もれます。しかしシルバーと黒の境界線ではコントラストが激しくちょっと厳しいクオリティです。40cmくらい離れて見たりパーツアップの写真を撮らないならば気にならないサイズですが、内部を細かく作り近くからじっくり見るようにしたのに外装は遠くから見ないと、、、ではコンセプトが統一できてないので、ここはなんとか頑張ってみたいと思います。


一番の肝となるポイントは”ボカシの幅を1mm~2mmに納める”という事です(サイド部分や白い箇所は別)。これ以上ボケ幅が大きいと実車とはかなり違う感じになってしまいそうです。いや、完成したら以外と気にならないのかもしれませんが、折角の自分だけのモデル!自分がクライアントであると言えるので、どこまで満足なオ○ニーが出来るかは自分自身との戦いという事にさせてください!



ここでボカす方法をいくつか考えました。

1)境界線をエアブラシ極細吹きでボカす
2)ボカシマスキングで塗り分ける
3)自作デカールを作る
4)ボカシ部分のみデカールを作る


1)は色々方法を調べ、何度も実験をしましたがちょっと厳しかったです。
テクが無いのも勿論あるとは思いますが、細吹き云々より”直線を描く”のがとんでもなく難しいです。ちょっとでもブレたらそこで終わり。吹き直すとボカシの濃さが場所により変わってしまう。動かす手の速度が少しでも変わればそこだけ濃くなる、、、2mm以内の幅でこれを完璧にこなすのはリスクがありすぎると感じました。コンパウンドなどでの修正もダメでしたね。
DSC_5793.jpg
練習中の遊びw
0.3mmのブラシを使用。極力絞り塗装面のすぐ近くで吹くと細吹きできます。塗料の濃さとかでもセッティングを色々変えられるのでこの辺はお好きな感じで。0.2mmならもっと楽なんでしょうね。どのみち直線塗りは相当テクニックが、、、、


2)は白い部分に使えそうですが、パーツの角や塗り分けが細かすぎる部分には難しそうです。やり方はマスキングを少し浮かせて、正面からゆっくり塗料を吹いていく感じです。
DSC_5837.jpg
マスキングの浮き具合と吹き方で奇麗に色々表現が出来そうです。


3)と4)は自由度も高いしインクジェットのグラデーションに強い特性も生かせそうです。ただしインクジェットでのデカール作成という問題があります。



ちょっと長くなってしまったのでデカール作成の考察は次回に。


ここまで細かく書く必要があるのか!?なんて思いましたが、もしかしたらいつか誰かがこの記事を参考に(踏み台でも良し)できるかも、、、と考え、細かく記載する事にしました。僕も細かく書いてくれているブログにとても助けられていますので。


ではまた!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

こんにちは
だいぶ進みましたね(^-^)
中身が凄いのに肝心な外装が残念なのはイヤですよねぇ
私が昔そのキットをスルーした理由がソコでした(^_^;
当時は迷彩などやった事もなかったのでマスキング縁浮かしてなんて思い付きもしなかったし(笑)
そもそもインスト通りの色が正しくないのでは?と(後にミニ四駆用だかで丁度良い色が有ったと知る…)
厄介だけどグラデ部分がビシッと決まってなければ見た目がなんか残念になるカラーリング故に辛いトコですね(>_<)
良い方法編み出してくださいね!
ラッコネンラッコネン| 2011.08.08 15時42分 | 編集
Re: こんにちは
>ラッコネンさん

こんにちは!

やっぱりこの複雑なカラーリングがMP4-13の見せ場だと思うので、なんとか再現してみたいですね。ちなみにキット指定の色はミニ四駆の専用色らしく、現在は廃盤で入手困難のようです。調色して自分の思う色にしてみる予定です。

やりきって納得の模型とスキルアップを目指してみます!
DENDOHDENDOH| 2011.08.08 16時48分 | 編集
やはりここに問題が有りましたか。
DENDOHさん楽しそうですね~。

このようなグラデーションは難しいですね。

参考になるかどうか判りませんが,ウチのブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/rc_development/folder/1604402.html

を見て頂くと、カーモデルのフロントガラスのハーフシェイドの塗装について書いてあります。

一度ご覧になって下さいね~。

判らなければご質問をどうぞ(笑)
ラグにゃんラグにゃん| 2011.08.08 18時22分 | 編集
あれ?
指定色が既にミニ四駆色でしたっけ?
いづれにしても指定色だとデカールの黒との境も目立ち過ぎておかしかった記憶があります
昔モデラーズから出てた色もなんかチョット違うなぁって印象でしたね
今だとフィニッシャーズのウエストブラックっていうのが一番近いのになるのかな?
納得いく色を再現してくださいね(^-^)
ラッコネンラッコネン| 2011.08.08 18時22分 | 編集
No title
く同じ問題にMP4-23フロントウィング上から2段目にあるフラップ(幅の狭いボーダフォンレッドのフラップ)の
黒のぼかしで直面しました。

DENDOHさんと同じ様に
①口径0.3mmのエアブラシを極力絞り低圧で吹く。
②マスキングを浮かして真上よりエアブラシで吹く。
③自作デカールでぼかしラインを作成し貼る。
をやってみました。
つい先日アップしたMP4-23のフロントウィングは③です。
画像では下地の赤が透けて見えていますが、実物では気にならない程度です。
気になる場合は下地に同色を吹けば良いと思います。

①②はおいらにはブラシの扱いが難しかったです。ぼかしがはっきりしたり、ぼやけたり…
ぼかし自体がムラになってしまいました。

今回のケースでしたらぼかし部のみデカールを貼り付けその他メインのラインやそのものの色の
箇所はブラシで吹く方が綺麗に出来るような気がします。細いラインでしたらデカールのみでいいような気がします。

確かナイツ氏もこの方法でMP4-23のノーズのぼかし黒ラインを表現していたと記憶しています。
teruteru| 2011.08.08 18時25分 | 編集
Re: やはりここに問題が有りましたか。
>ラグにゃんさん

マスキング浮かせりゃ良いんだ!ってアイデアは、ご紹介頂いたページからも参考にさせてもらいました!ラグにゃんさんのテクニック的なページは全て網羅させていただいてますw

複雑な塗装をしてみたいってのは最初に立てた目標でもあるので、ここまで複雑になるとは思いませんでしたが頑張ってみようと思います。失敗も記事にするのでそうなったら笑ってやってください!
DENDOHDENDOH| 2011.08.08 19時07分 | 編集
Re: あれ?
>ラッコネンさん

塗装色に関してはまた後日記事にしたいと思いますが、いかんせん出回ってる写真がアンダーな物が多く黒とガンメタの境が分かりにくいです。適正露出で撮ったパーツ写真を見るとしっかり差が見えるので暗めのガンメタくらいが僕のベストかなと考えています。

矛盾してますが光が当たるとしっかり差があるんだけど遠目には近い色って感じが出せたら、一杯やりたいとおもいますwコーヒーですが、、、
DENDOHDENDOH| 2011.08.08 19時20分 | 編集
Re: No title
>teruさん

あそこのフラップもそうでしたか。
完成写真を見た時にそうなのかなぁなんて思っていました。

ボカシ部分は本記事4)の方法でいくつもりです。
ただしデカール作成にというかインクジェットデカールに僕的には問題がありますので、その辺は次回の記事で詳しく。作業はもう終わっていますので!あのインクジェットデカールをいじればいじるほど、teruさんのカーボン部分はすごいなぁと感じています。根気ですね!

失敗しても爆笑記事でネタ的にはありという事で、、、、笑ってくださいw
DENDOHDENDOH| 2011.08.08 19時51分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王