【MP4-13】組み立て開始/カウル内4

過去記事タイトル変更しました。

ということでカウル内の仕上げにかかります。

カウル最後端の別パーツになっているカウル、エンジン上の吸気パーツなんかを接着しておきます。吸気パーツを接着するとファンネル部分が見えませんが、ここの資料が全く見つからないのでどうなっているかわかりません。それと吸気パーツがパチッとハマるわけではないので接着してしまいます。

DSC_6926.jpg

トランスキットのパーツですが、下地が編模様にエンボスかかっているのでカーボンやケブラー表現の質感がとても良く感じます。この方法はぜひパクって今後使ってみたいですね。


接着はほぼすべてエポキシ。混ぜるのが面倒ですが位置決めが楽で衝撃にも強いです。



小さいオイルクーラー?が付いているのでこの辺にパイピング。

DSC_6930.jpg

金属だけの線は細いはんだに棒ヤスリで模様を付けてあります。
DSC_6928.jpg
あんまり良い感じに出来ませんでした、、、ドリルみたいw
ネットの製作記ではもっとかっこ良く出来てる人も居るので、経験積んで頑張ります。

自作したブタ鼻みたいなパーツの穴は何かを取り付けるのかココから外すのかわかりませんがただの穴のようです。


後は細かい所仕上げます!


DSC_6980.jpg

左のラジエータだけこのような弁?のようなパーツがありますのでこれを接着。トランスキット付属の物です。クレオスシルバーとゴールド。

ラジエータ上にバンドのような物も追加しておきます。



次に右エアインテーク部分のアンテナ

DSC_6938.jpg
黒いアンテナはキットの物に穴開けて、0.5mm真鍮線と接続できるように。実車でもこのようにカウルを貫通する形になっていました。

資料はこちらの記事で。

当然カウルとの合わせが怖いので確認しつつ位置決めします。カウル側の穴はこの辺を考え元々広げてあります。
DSC_6943.jpg

無事貫通させる事に成功しましたが、一応保険という事で黒いアンテナ部分は接着せずに取り外し可能にしておきました。



ラストはこちらのボルト表現です

DSC_6948.jpg
右のみ作業済み。0.5mm真鍮線です。

3回くらいピンセットから飛んで行きました。



最後にケーブル関係でちょっと黒がテカリ過ぎに見える部分をエナメルフラットブラックで塗って光沢を押させておきました。


おっしゃ!

これにてカウル中身は完了!


DSC_6970.jpg
DSC_6978.jpg


細かい写真は完成したらしつこいくらい載せますw


折角フルディテールで作ると決めたマシン。
後戻りできない所は別として構想を全てやりきってみたいと思います!
結果はどうなるか分かりません。でも手元で具現化して本当に理解できる事があると僕は思います。なーんて小難しく書きたくなるのが年食った証かもしれませんね。

ま、とにかく突っ走ります。


この辺が終わってかなり完成が近い事に気がつきました。
あとはタイヤ、前後ウイング、フロント周り、小物で完成。

ケースのデザインも考えてあるのでその辺も作らないとですね。


土日でガッツリ作業できるのでどこまで行けるか楽しみ!
慌てずに。


ではまた!




にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王