【F2007】サイドポッド変更4

しつこいですがまだサイドポッド変更中。

サイドポッド入り口にパテ盛りやえぐれの削りを行っているので、下側のカウルと面が合ってません。この辺を揃える為に光硬化パテで面を揃えます。

F2007_8056.jpg

左右違いますが斜め後ろから見た感じは近くなってきたかと。


面の流れも見えやすくなってきたので、少しずつ削って形にしていきます。

F2007_8057.jpg
横面下側の膨らみがもう少しあっても良いかなぁ、、、

さすがにここまでくると造形が分かりにくいので、サフェ吹いて何度か修正してみました。

F2007_8063.jpg
やっぱりもうちょっと下側にふっくらさせてもよさそうですね。


しっかしよくわからん!


なんといっても写真は平面。資料から模型になる間に制作者の頭の中で3Dに変換する作業が必ず入ってきます。しかも光の具合による影の変化やレンズの種類による歪みなんかも考えると、人により感じ方は様々になってきて着地点は一カ所じゃないように思えてきます。つまり誰かに聞いて答えが見えるもんでもないと。

こういった作業に比べればルーバーの数がどうのとか、あそこに付いているはずのフィンが、、、なんて資料が見つかれば正解が分かる単純な作業なんだなぁなんて。

そんな風に思いながら作業をしていると頭に浮かぶのは

造形師の人はすげぇな

そんな気持ち。

そして本やネットで色々資料(F2007以外も)を集めていると、何度かタミヤ内部の製作ストーリーに触れる機会がありました。そういうのを見ていると、例え完全な実車の設計図通りにモデル化しても、実際の縮小模型では印象がかなり違って見えてしまうとのこと。そこで設計時に実車印象と同じようになるように少し変更を加えるようです。

これが全てのメーカーに当てはまるのかどうか分かりませんし、僕は「らしいよ」という噂話に全く興味はありません。何が言いたいかというと「キットがあってそこから始められるのは幸せだな」と考えるようになりました。手直しすりゃ自分の好きな形に出来るんですから。0から作る事考えたら楽ですよね。

あ、僕の考えですからね。
というかおっさんのクソ俺話になってきちゃいました。


ま、とにかくそんな敬意の念を持ちつつ

作り替えちゃってます


製作的に進行が見えにくいつまらん記事が続いちゃってるかもしれませんが、、、まだこの辺の作業が続きますw
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

No title
いつも楽しく拝見してます。と同時に毎回凄いこだわりに感心しまくりです。
自分も2007途中で止まってますけど再開しようかなと思ってます。
あ、自分はモナコGP仕様です。
サイドポットの件ですが塗りわけのラインはそのままアンダートレイとの分割線と解釈してるのですが‥
前半戦仕様もそうですがそもそもキットの様なパーツ割がどの資料をみても存在しないように思うのですが‥‥どうですかねぇ?
イワワンイワワン| 2012.02.28 05時43分 | 編集
Re: No title
>イワワンさん

コメント有り難うございます。
また未来に行う作業まで文章に出来ておらず大変申し訳なく思っています。

大丈夫です、見逃していませんよー!

キットオリジナルの分割線はおっしゃる通り、アンダートレイにこんな分割線はありません。ここはサイドポッドのラインが決定したら切り落としてアンダートレイにくっつけてしまいます。ただし実車の分割線は塗り分けのもう一つ上のラインなので、まだどうするか迷っています。実車とは違ってしまいますが塗り分け部分で分割するのが一番現実的かと思いますが。

どちらにせよ微妙なラインの箇所に切り込みを入れる事になり、サイドポッドの形が完成していない現状では切り離しは出来ません。とにかく今は何よりサイドポッドのライン出しです。
頑張っていきます!
DENDOHDENDOH| 2012.02.28 08時00分 | 編集
益々目が離せない!
これぞ模型カスタムの真骨頂!ってな記事になってきましたね。
近代F1マシンの流麗なラインを左右対称に再現するのはなかなか難しそうですね。
おいらもパテを盛ったり大幅に削り込んだりした時には原型師の偉大さを感じます。

スケールモデルは正確に縮尺しただけでは実物と異なって見えるらしいですね。
そこでディフォルメが必要なんだけどそこが原型師(造形師)の腕の見せ所なんでしょう。
その原型師のデフォルメが模型の個性となって現れると。

DENDOHさん、ほぼ原型師に近い作業になっているんじゃなかと。
今後は自作バキュームフォームや自作エッチングパーツなんていうのも記事になったり…
ケミカルウッド削り出してカウルは一から作り直しましたみたいな…
今後の記事が楽しみです。
teruteru| 2012.02.28 09時10分 | 編集
Re: 益々目が離せない!
>teruさん

確かにケミカルウッドやバキュームフォーム、そしてシリコンを使った型取りなど興味は尽きないです!ただまぁ大風呂敷を広げるだけは嫌なので、その都度目標を決めて一歩一歩いければと思います。このくらいの箇所でこんなに手間取ってるのに何言ってんだ!って感じでもありますしw


代わり映えしない画が続いちゃうかもしれませんが、しばらくサイドポッド変更にお付き合いください!


DENDOHDENDOH| 2012.02.28 12時03分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王