【F2007】カウル内パーツ接着

先日STUDIO27のガレージセールに行ってきました。
お目当ては少し古いキットのデカールだったのですが、並べられていた棚には無く在庫を調べてもらって後ほど購入することが出来ました。これなら問い合わせでもよかったかな。ちなみにザウバーC30のレジンキットが6000円で売られていました。ちょっと悩んだ末フジミ製品を待つことに決定。理由はまぁ色々という事で。


さてサイドポッドの形状変更も土台はできたのでエンジンカウルの接着を目指して作業を進めます。まずはモノコックのつり下げ穴がこのキットには無いので開口します。

F2007_8097.jpg
鉛筆で目印の経線書いて1mmのピンバイスで。
裏側にバリなどが出た場合に備えこの時点でやっておきました。

次に後付けできないパーツをなんとかしなくては。
ということでこんな感じ

F2007_8101.jpg

背徳のエンジンぶった切り!

エンジンはカウルを閉じてしまうと裏から入りません。別に入れなくても良いんですがルーバーから見えるシルバーのパーツは生かして制作し、レジンのプロポーションキットでは表現できない内部にパーツがある感を表現していきたいです。完全に見えない組み立てに邪魔な部分はカットしていく方向で。

エアボックスも接着。
これもあんまり意味ないかもしれませんが、後から「ゲ!」とならないように保険です。


ラジエーターは裏から滑り込ませれば入ります。
DSC_8102.jpg
パイプ部分もアクセントになりそうなので見える部分は生かす方向で!


このへんが後々どうなるかはお楽しみにという事で。



ついにエンジンカウル側の作業。

まずはルーバーからいきましょう。
キットはブラジルGPの物として大体合っていると思います。詳しく調べていませんのでブラジルGPで制作する方はあてにしないください、、、僕は中国GPでいくのでルーバーの形と本数を調整する必要があります。

調べた所車体右側に4本で、車体前から幅が短いのが1本に長いの3本、
左側は7本。同じく車体前から短1、長4、短2

キットの方を見てみましょう
F2007_8106.jpg

右は合っていますが左は一本多いです。さらにブラジル仕様なのでチムニー下まで開口されている穴があります。作ろうとしている仕様が違うので違って当然ですね。加えてここが一番気になったのですが、サイドポッド入り口部分からこの最初のルーバーまでの距離がすごく短く感じました(写真なし)。写真の黒い線の位置が先に出した資料を見てもルーバー1本分くらい後方にずらす必要がありそうです。


もっと言えばこのルーバー、本当は真上から見て穴に見えるのは変です。


いきなり難しい修正作業ですね、、、
ただし、勢いに任せて見切り発車はしません。特に上から見た感じは下手に修正を加えない方がいいかもしれないと思っています。ルーバー自体が実車でもカウル形状に合わせて曲面なんですよね。直線ならまだしも。いや直線でも同じかw


まぁルーバーをどうするかはともかく、このエンジンカウルだけでも修正点が沢山あります。ここで全部あげても後でまた説明する事になるので作業ごとに書いていきたいと思います。じっくりいきますのでゆっくり見ててもらえれば!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

No title
いつもながら実車の細部までの検証に頭がさがります。
ルーバーの数や形状まで検証されるとはさすがです。
しかもいつも画像付きなので非常にわかりやすくGoodです。

おいら自身はGPの仕様にほとんど拘りがないので細部の検証など全くしておりません。
MP4-23もモデルを製作しながら「へぇ~そうだったんだぁ~」的な箇所がたくさんありました。
なのでDENDOHさんのように細部まで検証される方の記事は大変参考になります。

プロポーションモデルといっても手が抜けるわけでは無いんですね。。
おいらでしたらエンジン、ラジエターなんかは最初に捨ててしまうような気が…(汗)
DENDOHさん的チラリズムの表現に非常に興味があります。
今後も楽しみにしています。
teruteru| 2012.03.09 08時15分 | 編集
Re: No title
>teruさん

ありがとうございます

実車の検証比較はどこまでやるか意見が分かれる所なのかもしれません。何度か書いていますが僕はこの資料集めと検証で色々勉強する事が多く、とても楽しい作業となっています。製作中のマシンについて知識が深まるという感じでしょうか。そしてその結果を模型に反映させるのも僕としては面白い作業です!

せっかくのプロポーションモデル。カウルもビシャ!っと合っていて、中身があるキットを生かした完成を目指したいです。

欲張りです!w
DENDOHDENDOH| 2012.03.09 15時43分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王