【F2007】Rウイング2

リアウイングメインプレーンを改造します。

前回の翼端板と同じく中国決勝ではモナコなどと似た仕様なのでそれっぽく。

F2007_8609.jpg

陰になる部分に黒瞬着があると形が分かりにくいですね、、、
ポリパテを使っていますが、これは他部分に使った時のもったいない病です。盛りは結構前からやっていたので。



最初の写真の通りスプリッタが無くなってしまいましたのでこれを再建しなくてはなりません。メインプレーンをぶった切って作るのが一番早そうですが、幅や水平がずれると痛恨です。色々考え失敗した結果こんな方法にしました。

まずは一部分を残し切り込みを入れます。
F2007_8611.jpg

残した部分も凹みが出来るように削っておきます。

あとは0.3mmのプラ板を使って、、、
F2007_8613.jpg
プラ板中央の穴を逃げにする感じです。ぶった切って挟んだのとほとんど変わりません。メインプレーン全体幅が詰まったり、左右で角度が変わる事も無いので安心です。

0.3mmのプラ板を使用したのは、この上のフラップ部分と同じくらいの厚みにしたかったため。もっと薄い物でフラップも作り直せたら一番良いかもしれませんね。ただ上下の繋がりが僕にはぴったり合わせられそうになかったので今回はこれで!

削り込んでこんな感じに

F2007_8616.jpg

ある程度高さを残しておきます。


試行錯誤で時間がかかってしまいました。
次回はフラップの方にも少し手を入れてリアウイング仮組完了となると思います。

基本製作も終盤!
ただここで先を急ぐと僕の性格ではやっちまう可能性が高いので、読んでくださっている方々にはノロマで申し訳ありませんがまだまだじっくりいかせてください。

テンションはいつでもマックスでございます。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

こんばんは!
さすが効率のいい工作法をあみ出しますね!この方法は他の車種でも応用ができると思うのでとても参考になりました。
きっと楽しんで作ってるし自分が納得できるところを目標にしているから出てくるアイデアなんでしょうね!
私も次作では素組みを少し卒業してみたいと考えてます。
これからも斬新なアイデア紹介してくださいね!よろしくお願いします。
Ver.hVer.h| 2012.06.04 01時52分 | 編集
No title
相変わらず素晴らしい仕事っぷりですね。
ウィングの仕切り板(この部分なんて言うんだろ?)を0.3mmプラ板から再生するとは…
凸部のエッジを綺麗に出すのはもちろんですが凹部が綺麗に垂直になっているとリアルさが増しますね。どうしても凹部がタルくなりがちですが、それがおもちゃ感を増大させますよね。
黒瞬着も完璧に使いこなされているようで…

当ブログでも記事内でちょっこ書きましたが結構反響ありましたね。
使った感想を教えてくれる方、実際に購入した方などがコメくれました。
ところでDENDOHさんはアルテコの瞬着パテは使用したことがあるのでしょうか?
黒瞬着と同様の製品のようですが、アルテコ派と黒瞬着派の方がいるようでね。
もし、使用感知っていましたら教えてください。
teruteru| 2012.06.04 08時27分 | 編集
Re: こんばんは!
>Ver.hさん

コメントありがとうございます!

僕自身積み重ねてきた物がまだまだ少なく、行き当たりばったりの方法ばかりになってしまっています。

しかし知識があった場合と同じ結果になったとしても、考えて失敗していく経過の中に「あのとき失敗した方法がこの場合なら使えるかもしれない」なんていう別の壁へのヒントが隠されている事は多いと僕は思っているので、こんな風にジタバタしながらやっていくのも僕の楽しみの一つです!

FW24もいよいよラストですね!完成楽しみにしています!
DENDOHDENDOH| 2012.06.05 01時03分 | 編集
Re: No title
>teruさん

いつもありがとうございます!

瞬着パテ、僕も気になっていましたが買った事はありません。なので比較は出来ません、、、ごめんなさい。いつか買ってみるかもしれませんが「こういう箇所にこう出来るのが無いかなぁ?」と欲求が出ないと買わないかもしれません。

ネットでも色々情報を見ましたが僕がF2007で使ったフロントウイングのメインプレーンやポッドフィンでの薄く延長するような黒瞬着の使い方は、もしかしたら瞬着パテでは厳しいのかもしれません。といってもこの辺は各々のツールの使い様で変わってきそうなので、、、

一点だけ、サフ等で隠蔽してしまわない場合は黒瞬着の完敗です!
teruさんなら想像ついていると思いますが!w
DENDOHDENDOH| 2012.06.05 01時45分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王