【F2007】色検証

毎日ちょこちょこカーボンデカール貼っています。この作業は急げばすぐ終わるって物でもないので、同時進行で赤塗装の検証作業をしていました。何日もの作業を一気に書くので少し長くなってしまいますがお許しを。


このF2007、発表時や前半の方では248F1と同じような色です。しかし途中からメタリックのような表情に変化のあるレッドに変わります。ちょっと暗めで分かりやすい資料を。

f2007lkjhgftyuiopljak24.jpg

このレッドは本当に難しい色。ある1枚の写真を元に判断する事は出来ません。僕が資料を幾つも見て思ったのは「マイカではなくキャンディ」という事。でもキャンディだから奇麗なキャンディレッドになってれば良いでしょ、という気持ちは無し。いくつかの会社から実車を見て作ったと言われている塗料が出ていますが、すべてマイカっぽいのでこれらはすべて除外しました。しかし確信がある訳ではない。

そんな時にある方から実車のパーツを見せて頂けるとのこと。

お時間を頂き実際に見た感想は「あんまり奇麗な色じゃないな」でした。この辺は所有者の方とも意見が一致しています。彩度が強く発色の良い赤ではありません。しかし色の質としてスッキリしているというか濁ってくすんでいるわけではない。ここが難しい所です。あ、模型としてどうするかという話は今は置いておいてください。

まずはこの実車の赤になるべく近くなるよう検証してみます。
ポイントは光のあたり具合で変化するオレンジ感のある赤。

最初に4種類の色を各2枚用意しました。
F2007-ddsc.jpg

1、2 exシルバー
3、4 ブラック(光沢)
5、6 スターブライトゴールド
7、8 ホワイトにダイアモンドシルバーをコーティングしたもの

3、4は写真ではちょっとくすんでいますがしっかり光沢出てます。これにメッキシルバーNEXTを塗りメッキっぽいシルバーにしておきます。

5、6以外にクリアオレンジを吹きます。

F2007_8921.jpg

Zはクレオスのゴールド。写真でキラキラ感を上手く撮れませんでした、、、すいません。色相の違いは分かるかと思います。このチップだけでもゴールド表現の参考になりそうなので少し切って資料に残しておきました。

ここにガイアのクリアレッド、そして今回期待の秘密兵器ガイアのプレミアムレッドを吹きます。バカ高い塗料ですがめちゃくちゃ奇麗なクリアレッドです。

F2007_8939.jpg

奇数がプレミアムレッド、偶数がクリアレッド。あまり違いが無いように見える物もありますがキャンディなので角度によりかなり見た目がかなり変化します。
F2007_8940.jpg
全てのクリアレッドではドスンと明度が落ちてしまって今回は使えそうにないです。

1bと5bは近い色。一番実車に近いです。
3bは下地がメッキ風なので反射具合に差が大きく、角度によって色変化が大きすぎます。
6bはミニチャンプスのF2007風。いかにもキャンディといった感じの派手目。
7bは実車より明るめだけどかなり良い色。しかし角度による変化がほとんどありません。

写真に上手く撮れていないのでかなり色が違いますしモニター環境で全く色が違うので、その辺考慮して違いだけ見てもらえれば。ちなみにF60の時に使ったブライトマイカレッドの上澄みだけを塗ってみたりもしました。しかしこれもNG。下地の影響は出ますがクリア系ではないのでかなり隠蔽されてしまい方向が違うと感じました。

このプレミアムレッド、使ってみれば分かると思いますがムラも出にくくクリア系塗料としてはすごく面白い物です。どこかで売ってたら是非瓶を手に取ってみてください。クリア系塗料には見えないと思います。値段も面白い事になってますが、、、



全ての色を持って再度実車パーツと比較させて頂きました。本当にありがとうございます。この場を借りて再度お礼を。パーツにのせて比べてみた所、5bが「おおっ」という印象で、明るめに仕上げるなら7bもかなりいい感じ。色相としては納得の範囲に来てると思います。


色の方向は定まったので、次回は実際に模型へ塗る事を考慮し微調整していきます。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

No title
実車パーツを持ってるお知り合いがいるとは何とうらやましい!赤は難しい色なので、実物が見れたのは大きいですね。

ちなみにチップの写真を見た第一印象で僕も5bかなぁと思いました!
KAZKAZ| 2012.07.16 20時24分 | 編集
No title
おっ!いよいよボディ色の塗装ですか。
F2007の後半とF2008はフェラーリF1では珍しい色でしたね。
メタリックというかキャンディ塗装というか…

実車パーツを確認しての調色とのことですので色味はほぼ実車と同じにできることと思いますが、模型で実車と全く同じにしてしまうと何か違う感が漂ってしまいますよね。
その辺りはDENDOHさんも心得ているようですので、模型用に少々調整されるとのこと。
この少々変わったフェラーリレッドがどのように表現されるのか楽しみにしています。
teruteru| 2012.07.16 21時05分 | 編集
Re: No title
>KAZさん

コメントありがとうございます。

本当にこのF2007レッドは難しいです。模型を作ると同時にF1が好きなのでそっちの興味としてもとても楽しい経験でした。僕だけのF2007目指して頑張りたいと思います!
DENDOHDENDOH| 2012.07.16 22時31分 | 編集
Re: No title
>teruさん

コメントありがとうございます!

まだ下地作りが終わってないので本塗装に入れませんが、塗装方法だけ解決すればあとは問題無さそうなので一気に進むかもしれません。あとは僕のさじ加減でどう納得する方向にもっていけるか、、、現在この”ほんの少しの調整”で格闘中!どんな風になるか楽しみにしていてください!
DENDOHDENDOH| 2012.07.16 22時36分 | 編集
No title
リンク修正の件、ありがとうございました。
DENDOHさんが考えていた赤とはこういう事だったんですね!実車パーツを参考に色合わせしていくとは!!ド肝抜かれました!
ボディパーツに塗装される日が待ち遠しいです。またまた参考にさせていただきます!
Ver.hVer.h| 2012.07.17 00時10分 | 編集
Re: No title
>Ver.hさん

コメントありがとうございます。

実車パーツを見れたのは本当に貴重な経験でした。次回の記事で実際に模型に塗るとしたらという考察を書きますが、僕もボディに塗装する日が待ち遠しいです!下地がゴールド系なので金ぴかF2007を一度見ることが出来るでしょうw

カーボンデカールが終わったら塗りに入りたいと思います!
DENDOHDENDOH| 2012.07.17 18時37分 | 編集
凄い…
ここまで検証されるパワーに圧倒されまくりです。

そう考えると、70年代のF-1模型はお気軽です。
作者のイメージだけで作れますからね~。
ボクには近代F-1は無理…。
pinokipinoki| 2012.07.18 22時22分 | 編集
Re: 凄い…
>pinokiさん

コメントありがとうございます。

こんな風にあーでもない、こーでもないとやりながら進めていくのも僕の中で製作の楽しさです。近代マシンでも俺ならこうするぜ!でいっちゃっていいんじゃないかと僕は思っています。僕なりの楽しさをどこまでも追い求めていきたいと思います!
DENDOHDENDOH| 2012.07.18 23時08分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王