【F2007】ボディ作業ほぼ終了

ボディの細かい所を仕上げていきます!


まずはコクピット内のデカール。
F2007_944r0.jpg
お約束のコース図は自作のインクジェットデカールで、その他はエッフェのもの。
しっかしソリッドの赤にしか見えんな、、、、、


ボディ後方のカーボンデカール部分にセミグロスブラック薄め液を吹いてから、半ツヤクリア
F2007_9475.jpg
ここは結構上塗り多めで、半ツヤクリアもテラっとしないように吹いておきました。カーボン二重になっている所は資料を元にはってあります。ルーバー部分はエナメルのフラットブラックにホワイトを一滴だけ入れたもの。やはりツヤ無しとは言え黒まんまではちょっと唐突過ぎる印象だったので、光が当たってボソっと見える耐熱塗料の感じをすこし演出してあります。


同じエナメルの黒で吸気部分を黒く。
F2007_9a479.jpg
プラ板で段が出来るように工作しておいたのは、ここでエナメル塗料の拭き取りが楽になるように。3作目にして少しは先の事を考えて下処理出来るようになってきたのかもしれません!大した事じゃないかw


さぁ〜僕の好きなカウルスナップの表現をしていきます。
F2007_9510.jpg

資料を見ながら場所により少しずつ径を変えたりすると僕にはいい感じです。
モノコック上面は0.8mmアルミパイプ、ノーズ接続はノーズ側が0.6mm平リベット、モノコック側が0.6mm洋白パイプ。そうです、ついに洋白パイプを手に入れました。素材がアルミより固いのでシャープ且つ内径が大きなパイプ。値段が高く量も少ないのでコストパフォーマンスは悪いですが、そんな事は棚上げしておきます。

買っちまったなら値段は忘れろ!
これ僕のセオリーです。セオリーというか自然にそうなる。つまりアホですね!!!


時を忘れて埋め込み、エキゾーストのエンドパイプも取り付け。
F2007_9509.jpg
こちらは0.5mm洋白パイプ。アルミのように弱くないので径も一定で作業スピードのにも貢献してくれてます。もちろん頭はタミヤダイヤモンドやすりで奇麗にしてからカット。エンドパイプはこちらで製作済みの物にメッキシルバー→クリアオレンジ→クリアブルー→スモークグレー。

ちなみにこの洋白パイプはブログリンクのJust a ”PURAMO” enthusiast「pinokiさん」が使われていた品。探しましたよ、、、、ご紹介ありがとうございました!!



よ〜〜〜し!これでついにパーツを取り付ける作業に!!!!!


テンションは上がるんですが、、、でも正直ちょっと寂しいです。

終わりが見える所に来てしまった感じ。

大好きな冬の寒さが和らいで春がやってくる感じ。

友達とばか騒ぎしながらも明日は帰るんだと分かっている修学旅行の夜の感じ。

フワっとした毛の犬がピッタピタのTシャツ着させられてるのを見た感じ。いやこれはちょっと違うな。

電車で週刊誌を読んでるおっちゃんがふいにエロページ開いちゃって、あわててガバっとページ掴んだら指が入りやすいエロ袋とじページをやっぱり開いちゃって、動揺を隠そうとしたのかしばらくそれを読んでる”様”を見てる感じ。これは全然違います。


まぁどうでもいいやw


そろそろケースの土台もどうするか考えておかないと。
(僕的に)かっこいいF2007が飾れるように終盤戦頑張っていきます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

いよいよですね。
いよいよ今までの苦労が形になる時ですね。

一気に完成させたい気持ちと焦らずジックリ行きたい気持ちとの
葛藤ですね。
自分は焦って自爆するタイプですが…

バラバラのパーツがメチャクチャカッコいいF2007に変身するのを
楽しみにしてます。
セナ君のパパ。セナ君のパパ。| 2012.09.22 18時07分 | 編集
Re: いよいよですね。
>セナ君のパパ。 さん

コメントありがとうございます。

本当いっきにガンガンパーツを付けていきたい!でもじっくり味わいながらパーツが付く度眺めて、気持ち悪い位ニヤニヤしてますのでそれもまぁ楽しみということでw

バラバラのパーツが合わさって、ガラクタへと変貌しないよう祈ってます!!!
DENDOHDENDOH| 2012.09.22 23時20分 | 編集
No title
ありますよね、完成前のちょっとセンチな・・・

『華やいだ祭りのあと、静まる町を背に』する感じ(笑)
                     (by 徳永 英明)

と、冗談はさておき、カウルスナップの処理、いいですねぇ。僕はトヨタTS020で、虫ピンを使ったごくごくオーソドックスな方法を用いましたが、洋白パイプですか!今度、プラモ屋行って漁ってこよう。

エキゾーストもいい感じです。こういうところをしっかり処理するとマシンが「活きてる」って感じしますよね。
KAZKAZ| 2012.09.23 15時13分 | 編集
No title
完成が近づくこの時期、僕は一番好きなんです。
なんで、わざと作業をゆっくりやってこの時期の時間を長く楽しむようにしてます。
さらに、時期作品を妄想したりしながら…。
この時期の時間を、十分楽しんでください。
この楽しさは、ここまで作った人しかわかりませんからね〜。
pinokipinoki| 2012.09.23 17時22分 | 編集
Re: No title
>KAZさん

コメントありがとうございます。

洋白パイプなかなかいいですね。ものすごくシャープです。ただアルミより色が暗いので場所によってはアルミパイプの方が良い場合もあると思いました。

色々使いながら自分なりに「ここらへんはこっちの方が良い」ってのを、実践して目で見て探っていけたらななんて思います!
DENDOHDENDOH| 2012.09.23 21時56分 | 編集
Re: No title
>pinokiさん

コメントありがとうございます。
そして洋白パイプの紹介もありがとうございました。

この時期は何とも言えない気分です。じっくりじっくり作ってきたパーツをまとめていく。ものすごく嬉しいけど、今まで以上に慎重に作業してます。そのたびにじっくり眺めてニヤニヤw

本当に作った人にしか分からない楽しさなのでしょうね。
ここまで時間もかかってますが、多いに没頭したいと思います!
仕事が無ければいいのになぁ、、、、、なんてw
DENDOHDENDOH| 2012.09.23 22時01分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王