【SA07】サイドポッドフィン製作

空力パーツを製作していきつつ、違和感がある所を修正して行きます。


キットのサイドポッドフィンは厚みが足りないように感じたのではんだで盛りで。
SA07_1867.jpg

F1のパーツはブ厚い物も沢山あります。エッジを薄く仕上げるのも良いポイントですが、全て真鍮板でペラペラにするだけではこういった厚みを無くしてしまうので僕はその辺も注目してます。

SA07_1868.jpg
ちょっとメタルが光っちゃって分かりにくいですが全体的に前側を厚くしています。逆に後方は薄く。
SA07_1869.jpg
作業後の写真が左右逆になっていてすいません。ホワイトメタルのエッジを薄くするのは結構怖いです。柔らかいのでちょっと物が当たっただけでエッジがぐにゃっとなってしまいます。そうならないように薄くなる角度を急にすると今度は形に違和感が。この辺も作りながら経験積んでみたいです。

厚みを増すのも様々な方法があるでしょう。せっかくの機会なので今回は各所なるべくはんだを使って作っていくつもりです。デメリットがどうのとか完成までの時間は関係ないです。どんどんチャレンジしていきます。


資料です。
sdfghj876.jpg
琢磨のグローブをはめた指と比較してもかなり厚みがある事が分かるかと思います。展示仕様では前期型のパーツが付けられている事が多いようで、そちらは厚みがあまりありません。以上どうでもいいポイント解説でした。


引き続き細かいの作っていきます。










にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王