【SA07】ウイングレット

ウイングレットも進めます。

キットのパーティングラインを処理していた所、、、
SA07_1872.jpg
ご覧の通り翼端版とエレメントの接続部が盛り上がってしまっています。これではエッジを薄く削っても板感が全くないので、こちらは前回のポッドフィンとは違い真鍮板に置き換えます。板だから板っぽくという気持ち。

SA07_1877.jpg

0.3mmを使ってこんな感じで。
大変なのはいくら金属の板とはいえ0.3mm位だと切り出したり削ったりしているうちに平面じゃなくなってきてしまう事。本当微妙なうねりなんですが折角置き換えてそれじゃぁ悲しいので、まずははんだメッキしてからやすりで平面を出しその後パーツをハンダ付けしてます。

真鍮xホワイトメタルのハンダ付けは結構上手くなってきました。真鍮ははんだこて程度では溶けないので、フラックスではんだの流れをしっかり操作できればこのようにほんの少量のはんだで奇麗に取り付けられます。すっと流れて奇麗に真鍮板が付くと本当に気持ちいいです。

なんつってまぐれかもしれませんが!


加えてキットの物を仮マウントしてみるとボディにくっつくほどで、幅が広すぎました。ほんの少し狭めてフリップアップの幅と同じくらいに。
SA07_1875.jpg

作業前の翼端版もっこり度が分かるかと思います。

幅の資料はこんな感じで。
fghjklerty87.jpg



ステー部分に洋白線を打ち込み、取り付け位置の目印が無いのでこんな位置関係で取り付けることにしました。

SA07_1966.jpg


これも仕様によって色々変化があります。ウイングレットとチムニー後端が一体化しているもの、軽くくっついているもの、スパではこれ自体ありません。日本GPではこのように離れています。面白い所かもしれませんね。





さてどーでもいい話ではありますが子供の方はもう五ヶ月。
色々な人から「こうなるよ〜、ああなってこうなって大変だよ〜」と言われましたが、特に夜泣きに関しては最初の二ヶ月以降全く無く、今では大人のように23時〜6時までぐっすり寝ております。そんなこんなで模型製作も順調に進んでいる訳です。奥方が少しでも楽できて僕も嬉しいです。


ペースもかなり掴めてきたのでガンガン製作していきます。
次はフリップアップ下のベーン&フィンを。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王