【SA07】ノーズカメラ・注形複製

ノーズのダミーカメラを作業します。

キットの物は薄くて板のような造形なので、メタルの塊から削り出して思う形に作っていきます。
SA07_2005.jpg

2007_08Cours_060.jpg


このパーツは左右対称感が凄く目立つ位置に着くので、もう一つ削り出すには色々気を使います。また、似たような形のカメラが付いている僕が買ったガレージキットを見ても皆同じように薄く毎回この削り出しをする事になるので、ここはいっちょ注形でのパーツ複製にチャレンジ!!

細かい作業方法はいずれ順を追って書くかもしれませんが、とりあえずご自身で調べてみてください。


使用する材料はボークスで購入したこちら。
SA07_0080.jpg
キャスト材、シリコン、キャストに色付けするカラートナー。写真にはありませんが型取り枠用のブロック、ねんどを購入。



ノモ研1にも作業方法が詳しく乗っていますし、ネットにも沢山情報があります。こうした方が良い、ああしないと失敗する、、、理論としては理解できるんですが「何でこうやっちゃ駄目なの?」とか「こうした方が簡単だと思うんだけど」と疑問も出てくる訳です。机上の空論ってヤツですね。勿論僕が思う事なんぞ皆考えるような事だと思うので、それをふまえてのコツなんでしょう。しかしやはりここは自分でどんどんチャレンジして体で慣れていこうと思います。



複製するパーツは簡単な形なので、まずはシリコンの流し込みが一回で終わる方法を試してみます。

SA07_2013.jpg

平らのヤスリで簡単に整形できる所を選びパーツを少し斜めにして1mm洋白線で吊るして、シリコンを流し込み。
固まったら両サイドとレジンを流し込む口をナイフで切ってから、注いでみました。

SA07_2018.jpg

失敗です。
奥までレジンが流れ込みませんでした。そしてなんだかベタベタがいつまでも取れません。レジンの硬化不良のようです。「すぐ固まる」という事に気をとられ焦り過ぎて撹拌がうまく出来ていなかったようですね。

「硬化開始まで1分」と書かれていても数十秒撹拌してる余裕はあります。もう少しだけじっくり作業してみましょう。シリコンの型自体は奇麗に取れていたので、今度はもっと流れ込みやすくなるように型取り方法を変えます。

SA07_2019.jpg
2mmのプラ棒に粘土で広がる部分をつくって型取りします。
このような水平面があると空気が抜けにくいとの事。気泡は上に向かうので抜けにくいように頭の中では感じますが、はたして本当なのか、、、、とにかくサイド部分のエッジを後でごちゃごちゃいじりたくないので一番簡単な面にランナーが来る事にこだわってみます。

さ〜同じくシリコンで型取りをします。型取り法も少しアップグレード。
SA07_2020.jpg
プラ板とガムテープで止めていた物を粘土に変えます。楽ですね!

型を割り、レジンを流し込み!!!
SA07_2024.jpg

失敗です。
またもや奥まで流れ込みませんでした。注ぎ口と別の場所に穴が無いので、上手く流れてくれない訳ですね。


ここまででもいくつか「ああ、だからそういう事なのか」と情報の意味が理解できてます。例えばここまでの方法は真空脱泡をするなら上手くいくようです。そんなにしなきゃダメなん?というのを試してみたかった訳です。よく分かりました。棒でツンツンすると流れ込むようですが、この型を割く作業が思ったより面倒で気を使うので他の方法を試します。


文だと負け惜しみみたいに見えるかもしれませんが、やっぱりチャレンジしてる時って凄く楽しいです。自分で考えて失敗。じゃぁこれならどうだとまた失敗。失敗はがっくりですがすぐに「待ってろこのやろう!」という気持ちになります。この過程で経験が積まれたり体で理解する事が沢山あります。まぁつまりアホなんですね。

すでにこういう作業に慣れている方からすれば回り道をしてるように見えるかもですが、僕はそれで良いと思っているので笑いながら見てやってください。パーツが奇麗に複製できるまでやめませんのでしばらくおつき合いください。

次は二面取りの作業を記事にします。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

No title
失敗は成功の母!

とにかく実際やってみないと、分からない事が多いですからね。
何事も挑戦する姿勢が、趣味でも仕事でも大事かと思います。

頑張ってください!

私もいずれは、複製に挑戦しないと・・。
「しゅんぱち」「しゅんぱち」| 2013.04.10 17時50分 | 編集
Re: No title
>しゅんぱちさん

コメントありがとうございます。

本当にやってみないと分からないですね!
失敗の中から学ぶ事は多いので、やりたい事に素直にどんどんチャレンジしていきます。
奥方が許す限りは、、、、という制限付きですがw

しゅんぱちさんくらいの方が挑戦すると、違った角度の記事が読めそうで楽しみです。
是非気分がノった時にでも(最近お忙しそうですが)!

とにかく複製頑張ります!!!
DENDOHDENDOH| 2013.04.10 19時04分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王