【SA07】細かいパーツの修正&作成2

筋彫り進行中ですがいくつか修正したいところが出てきたので作業しました

最初はサイドポッドの下側
SA07_2_3446.jpg
キットではモノコック側へ斜めに上がっているアンダートレイパーツ部を平らに整えます。キールからのラインと繋がるようにモノコック側も少し削り直してあります。

次にサイドポッドに四角い穴が実車にはあるので再現。でも四角い穴を奇麗にあけるのって結構難しかったので、大きな丸穴をあけてからポリパテとプラ角棒で四角を作る方向にしました。
SA07_2_3456.jpg
穴にポリパテをつめて、ワセリンを塗ったプラ角棒を突っ込みます。
ポリパテが硬化したら棒を引き抜き、ペーパーをかけてこんな感じに。
SA07_2_3458.jpg
実車でもカウルスナップと比べて大きな穴だったので、1mのプラ角棒を使いました。大きな下穴は2mmです。あまり小さいとポリパテが薄くなり脆くなるのでしっかり充填できるくらいのサイズで。


最後に最近気になっていた、ヘッドレスト横のフィンを作り替える事にしました。

キットではこんな感じ。
SA07_2_3385.jpg
写真は以前の作業でフィンより後方をなだらかになるよう削っていますが実車ではフィンの土台部分自体がもっと緩やかな感じで、フィンも後方に向けて上下幅が広がっています(後方の土台が下がっているのでそのようになる)。

フィンの角が作業中に丸くなってしまったのもあるので、全てを解消するために真鍮板に置き換えます。

まずはフィンを切り取り土台をなだらかに削ります。
SA07_2_3386.jpg

真鍮板を頑丈に取り付けるため、ボディに切り込みを入れて、、、
SA07_2_3395.jpg
幅が狭いので緊張しました。ヘッドレストの筋彫りまでいってしまうと修正が大変なので。

ここに切り出した0.2mmの真鍮板でフィンを再建し、黒瞬着で埋め込んで完成!

SA07_2_3396.jpg

SA07の特徴でもあるこの辺の「なめらか感」もかなり出たと思います。
フィンもキレがあってやっぱり真鍮板いいですね。あ、もしかしたら書き忘れていたかもしれませんが、つり下げ穴も深く穴をあけ直しています。



筋彫りももう後半に入っているので近日記事にできると思います。



さぁ〜塗装は近いぞ!!!!!!!
サフ色に染まったSA07が見れる日を楽しみに作業を進めてます。「そこが楽しみなのかよ!」なんて突っ込みは無しで!1年以上エアブラシ握ってないのもちょっと笑えますねw




にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王