【SA07】細かいパーツの修正&作成3

今回で基礎製作はすべて終了となり、あとは塗装の進行とともに随時ディテールアップしていきたいと思います、

最初にギアボックスとアンダートレイをつないでいる張り線。
SA07_2_3471.jpg
写真のようにカウルの間を通っているので今のうちに位置決めだけしておきます。F2007とは違いパイプをつぶしたような平らな物がSA07では使われているので、完成パーツはディテールアップとして最終段階で作っていきます。

あとはモノコック前のレギュレーションフィンを削って無くしてあるので再建。
SA07_2_3468.jpg
1mmのプラ板で。ちょっと厚いように感じるかもしれませんが、展示仕様などでこのフィンが外されている物を見ると、土台部分がかなり分厚い痕跡が見えるので、上に向かって薄くなる方向で作業してみました。コクピット側のギザギザも再現。塗装で埋まりそうな匂いがプンプンしますね。また、フィン前方にかまぼこのような盛り上がりが実車にあるので1mmプラ丸棒を削って作りました。


リアクラッシャブルストラクチャーのジャッキポイントは0.2mm真鍮板で作り直し。
SA07_2_3479.jpg
ギアボックスの仕様変更時に形が変わっていますのでキットのエッチングは使いませんでした。F1モデリングにはっきりした写真が掲載されていますので、是非。


最後に展示固定用のナットを埋め込みます。
初のガレージキットという事でどこに埋め込もうか迷いましたが、、、アンダートレイのこちらと
SA07_2_3472.jpg

車体後部のこちらにしました
SA07_2_3473.jpg

前側ももっと頑丈そうな所に埋め込みたかったんですが、経年変化も見れるので今回はこれでいいでしょう。

よっしゃ!これで筋彫り完成させて塗装だ!
焦らず焦らず。

コメント

非公開コメント

プロフィール

DENDOH
DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。時間に縛られず、やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。

twitter