【SA07】筋彫り3

筋彫りが全て完了しました。

と書きながら全体像の写真がありません。パテなどで境目がわかりにくいのでサフ後の本塗装時に全体写真を載せたいと思います。


今回の作業は
SA07_2_3467.jpg
この辺のモノコックハッチ関係。丸いハッチは固定する箇所が飛び出たような形状だったのでそのように。でも難しかったのでちょっといびつですね。やるだけやってみてます。結局このハッチは全て彫り直しています。形状が違かったり、中心がずれていたりしていたので。


あとはアンダートレイの先端と、サイドポンツーンと繋がる箇所。
SA07_2_3460.jpg
サイドポンツーン横ですが、実際はこちらもカウルの一部です(アックスフィン側じゃない方)。切り離して一体化してもよいのですが、黒との境界線でもあるのでアンダートレイ側に筋彫りを入れて対応してみました。

また先端の筋彫りがやたら派手になってますが、実車では目の違うカーボンを張り合わせたような箇所です。デカールの種類を変えて表現しても良かったんですが、全て真っ黒になってしまうので今回はちょっと派手に筋彫りを入れて強調してみます。今までの製作と同じで「試して完成後実際に自分でどう感じるか」を大事にしていきたいです。まずは一回やってみて完成の全体像と比較、自分の理想とどうズレているかを見て次への参考にします。


あとはこちら。

SA07_2_3466.jpg
車体右側だけこのような平行四辺形のハッチがあるので。キットにエッチングが入っていますので、それを型に使いました。


早速サフを吹き各所修正作業に入っています。
こちらは時間がかかっているので修正が終わってから次回の記事に。





コメント

非公開コメント

プロフィール

DENDOH
DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。時間に縛られず、やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。

twitter