【SA07】赤塗装へのマスキング

あまり更新できずにすいません。模型熱が冷めている訳ではないので「忙しいんだな」位に思っていただければ幸いです。

さて白塗装が終わり次は赤の塗り分け。
キットで用意されているデカールはボディを色々いじってしまっているので使えず塗装するため、赤の塗料選択とマスキング作業が必要になります。過去に塗り分けが必要なマスキングはMP4-13で経験していますが、この時は境目がグラデーションになるのである意味完璧なラインは不要でした。勿論ボカシはボカシで大変な訳ですが、、、今回はきっちり塗り分けないといけません。

奇麗なマスキングを作る為にパソコンで型を作りMP4-13の時と同じくクラフトロボで切り抜くのですが、このとき使った緑色のマスキングフィルムは厚みが0.1mm以上あり、この厚みで細かい曲面では弾性力でマスキングが浮いて来てしまい使いにくく感じていました。SA07ではフロントバルクヘッド近辺の塗り分けで苦労しそうでしたので、ブログリンクのカミムラさんが旧ブログで紹介されていたマスキングフィルムを導入。

SA07_2_0582.jpg

0.08mmと非常に薄く、素材の感じも僕が求めていた物です。所謂普通のマスキングテープだとちょっと融通が利かない感じがあるんです。僕にはですが。

ところがこの商品、青い色がついた物はメーカー廃盤のらしくネットで探して購入できましたが、詐欺サイトもあったのでこれから購入する方は気をつけてください。個人情報たっぷり打ち込んでしまったのでサイト直リンクはやめておきます。(逆引きと購入商品でこちらの特定をされそうなので)

・英語でなんと読んだら良いのか分からないショップ名
・会社概要に電話番号が無い
・支払いが銀行振込のみ
・「画材 詐欺」検索で情報有り

購入すると振込先が会社概要と全く別の人物名(日本名では無い)で、その口座番号で検索すると別の詐欺サイトが沢山出てきます。ご注意を。


プラ板に貼りクラフトロボでカット
SA07_71__1602.jpg
赤になる部分は位置決めに使っちゃってます。
SA07_71__1194.jpg

このように一旦カットしたシートをライン決めにもマスクにも使え、何度も同じマスクを作れるのがクラフトロボの良い所。まぁ機械なので当たり前ですね。写真は調整中のものです。

次回、赤の色選択と塗装にいきましょう。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
--| 2014.07.04 14時53分 | 編集

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王