【SA07】赤塗装へのマスキング2

マスキングの続きです。
デカールのコピーを配置しロゴ同士の間隔を実車を参考に上手い事ラインを作っていきます。
SA07_71__1619.jpg

「上手い事作る」と書いたのは、デカールのロゴサイズや形自体が実車とは違っている部分がこのキットにはあり、その辺の帳尻を合わせるために上手い事ラインを作るとなる訳です。特にこのデカールのカーナンバーは初見でおかしいです。塗り分けやラインなど、どうしてもずらせない部分がある事を考えるとロゴのサイズが全然ダメだと致命的。確かにALPSなどで作る事は可能ですがこちらは限界があると僕は思っています。F1キットではデカールとタイヤだけは作りが悪いと本当にがっかりしますね。話が逸れましたが塗り分けのラインは実車と同じ箇所をトレースではなく、ロゴの配置を考えながらごまかせるような位置を選んでマスキングしていきました。


その他塗り分け箇所は、前回の記事のようにまずは赤になる部分にマスキングテープを貼り、実際に塗る位置を確認してからその周りをマスキングテープで埋め赤になる部分のテープを剥がします。

SA07_71__1637.jpg

クラフトロボでマスキングシートを切り抜いている為長いラインも継ぎはぎ無くマスクする事が出来、奇麗な塗り分け塗装にしてくれるはずです。

とは言いつつやはり一発で貼るのはなかなか難しいので、手の脂で粘着力が落ちないよう何度も手洗いしてトライしてみました。オヤジ脂はどんどん分泌されますので!!

最後に白部分を通常のマスキングテープで全て埋めて、漏れが出そうな重ね貼り部分にマスキングゾルを塗って完了!!

SA07_71__1643.jpg


塗り分けライン以外に普通のマスキングテープを使ったのはこちらの方が粘着力が高いのと、伸び縮みがあまり無いので貼ったままを維持できる可能性が高い為です。フィルム状の物は融通が利きますがその分収縮で引っ張られて浮いてしまうような事も場所によりあるように感じます。


さぁ、なんとかこれで大丈夫でしょう、、、大丈夫なはず!
前回の記事で「次は赤の選択」と書きましたがマスキングが長くなってしまったので次回塗装と一緒に書かせてください。ということでついに赤塗装に入ります。楽しみでもあり緊張もしてきました、、、一人で勝手に気持ち悪いですね。

慌てず時間を取ってじっくり塗りたいと思います!

コメント

マスキングフィルム

マスキング完了お疲れさまです。このブルーのフィルムは、貼ってから時間を置くと、いつの間にか浮き上がっていることがあるので、赤を吹く前にもう一度チェックしておいたほうが良いですよ。浮いている箇所を見つけたら、先細の綿棒で押さえ込んでます。

Re: マスキングフィルム

>カミムラさん

コメントありがとうございます。

初めての使用なので薄さからくる取り扱いにちょっと苦労している面もありますが、アドバイス頂いた浮きの方しっかりチェックして塗装の方頑張ってみます。思った通りにいけば良いのですが、、、
非公開コメント

プロフィール

DENDOH
DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。時間に縛られず、やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。

twitter