【SA07】ウレタンクリア完了

ウレタンクリアの吹き付け作業に入ります。

作業前にまずはラッカークリアの肌をペーパーで整えておきます。

SA07_71__1951.jpg

かなりデカールの段差を飲み込めていると思います。このままラッカークリアで行きたい気持ちもありますが、やはりクリア層の厚み確保が楽なウレタンでトップコートを行います。SA07一番最初の記事で触れていますが(二年弱前w)白に対してトップコートをする事に若干不安があります。しかしその辺は自分で経験し結果を見て今後の完成に生かそうと思うので、今回は過去の作業と同じように進めてみます。


後一つ。塗装後にエキゾーストカバーをハメ込むことになるので、塗膜を除去しておきます
SA07_71__1926.jpg
アセトンを筆につけて丁寧に丁寧に。ブログリンクのカミムラさんの方法ですね。この場所はカーボンデカールを貼る事になるので少し緩めになるよう、ハメ込みの壁側にペーパーを当ててパーツが余裕で入る事を確認したらマスキングしてウレタンクリアの影響を受けないようにします。

SA07_71__1958.jpg



ウレタン吹いてこんな感じですね。ウレタンクリアはぺいんとわーくすのマルチトップクリヤーQR。硬化剤の比率が10:1なのでこれを選んだだけです。種類の違いによる光沢の違いがあるとしてもは僕はあまり興味が無いので、配合の計算が楽なのを選ぶと思います。

吹き付けてこんな感じ

SA07_71__1963.jpg

いかにも!というヌラヌラ光沢が僕はあまり好きではないので、さっさとペーパー当てたくなりますね。#1500とバフレックスを使いまずはうねりや盛り上がりをけずっていきます。

SA07_71__1959.jpg

軽くペーパーを当てるとうねり具合がよくわかります。こういうバルジ回りは要注意箇所ですね。

研ぎだしには時間がかかりそうですが、塗装などと違って空いた時間に少しだけ作業を進める事が出来ます。カーボンデカール貼りとこの研ぎだしが僕の生活的に一番作業時間をとりやすい内容。毎日少しでも模型に触れるので楽しみです!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王