【SA07】タイヤ&ホイール完成

ギアボックスを組んでしまうつもりでしたが、その前にタイヤ関係を作ってしまったほうが後々安全だと思ったのでこちらを先に進めます。

基本的な製作は一番最初に済ませてあるので、サフ→クレオスシルバーで塗装。
SA07_71__1709.jpg
サフの時点でリムのエッチングがダルくなってしまったのでそこだけ丁寧にサフを落とし、ミッチャクロンを拭いてからシルバーを塗りました。

こちらにBBSとチームロゴのデカールを貼り、ラッカークリアで上塗りしてからタイヤをはめます。やっぱり合 いがタイトすぎてすこし塗装がハゲたため少しタッチアップ。旋盤欲しい、、、、

その後ホイールをマスキングしてタイヤにセミグロスブラックをふわっと塗装。
SA07_71__2254.jpg
仮組を繰り返していると結構タイヤに何かしらの痕が付いていたり、ただのゴムなのでなんだか良く分からない取れにくいゴミが付いてしまっていたりします。セミグロスブラックを拭いておくのはそのような痕などを隠してしまうのと同時に、塗装する事によってゴムの表面をサラサラにしてゴミやホコリがくっついてしまうのを防ぐ為です。

ただ下地がゴムなので、プラに塗るようにベタッと塗装するのはNGです。あくまでもふわっと軽くのせる感じです。

こちらにデカールを貼ります。
SA07_71__2257.jpg
デカールはかなり透明余白が少なくなってはいますが、写真のようにやはりテカリが目立ってしまうので、ここにセミグロスクリアを吹いてツヤを均一に整えます。

こちらも下地のセミグロスブラックと同じようにふわっと塗り、ツヤが均一になるギリギリでやめる感じで。
ベタっと乗せるとこうなりますよという失敗例はこちら。ヒビが入ってもよく見ないとわからない範疇かもですが、完成度はかなり下がります。デカールの段差を埋めるほど吹くとどうしても厚みが出ます。表面のツヤをならす程度でやめても段差はかなり気にならなくなると思います。何より一番大事なのはデカールのシルバリングが無いようにきっちり密着させておく事だと思います。折角ツヤを均一に整えても白く浮いていたらかっこわるいので、水滴を乗せて何度も確認しました。


別途ホイール内のディテールアップパーツも作成。
SA07_71__1921.jpg

小さい方はエアバルブ。エアバルブと名前がついているディテールアップパーツはちょっと気に入らないので買ってません。こちらはアドラーズネストの0.4mm用リード線ニップル。接着面はホイールに合わせ斜めに削っておきます。

大きい方は2.6mmと2mmの真鍮パイプで適当に作ったもの。資料を見るとホイール内にこのような造形が見られるので。本当はもっと複雑ですが、、、

これらを黒鉄色で塗って接着し、各所墨入れをして完成!!!!

SA07_71__2259.jpg

雨に濡れて走っている所を模型で再現したい訳ではないので、レインタイヤ表現として特別に何かする事はありません。今まで通りですね。

次回このタイヤを使ってリア足回りの最終的なバランスを見ながら、ギアボックスやアーム類を組んで行きます。改修〜仮組を何度も試したので多分すんなり行くでしょう。

多分!


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王