【SA07】アンダートレイ接続

アンダートレイ接続です。その前に接続後では作業しにくくなるディテールアップを先に。

SA07_71__2344.jpg


自作のセンサーらしきパーツの接着と、吊り線の土台部分にMFHの0.8mm穴付きリベットを仕込みます。この辺はネットで拾った写真を見つつ追加していきます。センサーは現在の展示車両では外されているようですね。


スキッドブロックも塗ってしまいましょう。
SA07_71__2335.jpg
まずは#240のペーパーやワイヤーブラシで木目ではなく擦れ表現の傷をつけて、タン、赤、黒などで調色した色を塗り付け、エナメルフラットブラックで汚します。SA07の裏側がよくわかる写真がネットで見れますが、どうやら真っ黒に塗られていて、擦れた部分だけウッドブロックが露出しているようでした。なので最終的にもっと黒くする予定ですが、まだ車体を浮かせた状態にできずこれからの作業でエナメルがはげそうなので最後にします。


それではアンダートレイの接着!
SA07_71__2347.jpg
ネジ一本でつなげられるように改修しましたが、それだけでは不安なので接合部にエポキシ接着剤を塗ってガッチリ固めてあります。


フリップアップ下のベーンは上下洋白線で固定できるようになっているので、接着剤は使っていません。
SA07_71__2353.jpg
フリップアップに穴があきますが実車でもこうなっているのでそのまま。


そのエポキシ接着剤ですが、以前タミヤ製の蓋が割れてしまうという記事を書きました。今回試しで買ってみたのはこちらの製品
SA07_71__1922.jpg
若干胡散臭いですが、僕的に使いにくいアルミチューブではなく、蓋が締め込みではなく、シリンジ状の物ではない製品を探していたので、これにしました。量が合計120mlとちょっと多いですがまぁ試しなので構いません。これだと先端から液を出さなくても蓋を外し掬って液を取り出す事も出来るので、今のところ使い易いです。問題はこの量がどれだけの期間保存できるのか。しばらく様子を見ていきたいと思います。ちなみに値段は購入時¥1,836でしたが、現在値上がりしていました。

これがダメだと使い捨てで安い物を買い続けるしかありませんね。少しだけ使いたい時に蓋が割れてて新品を開けるという事を想定すると、その方が無駄にコストもかかるし気分が悪いです。なんとか保存がきく事を願います。


次回はアンダートレイ周りのディテールアップです!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

コメント

コメントの投稿

プロフィール

DENDOH

Author : DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだ、テカテカのトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。
twitter
カテゴリー
新着記事
最新コメント
Link
jrc_logo.gif
義援金協力
http://www.jrc.or.jp/
ブログランキング参加中 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ranking fc2ブログランキング JRANK ブログ王