【FW18】ボディ整形6

サイドポッド上部の修正をします。

記事タイトルをどうやって付けていたか忘れていましたが、以前は作業箇所がタイトルだけでもっと分かるようにしていたので、次から踏襲で。あんまり長くなるのも読みにくいのでバランスが難しいですね。

サイドポッドで最後に気になる部分が。上部の肩になる部分です。
20181214-7.jpg
ここにロゴが入るんですが実車では緩やかなC面になっており、そこにロゴが入るようにっています。キットでは角を少し丸めてあるだけで当然ロゴは入らないため修正しましょう!

このままC面を作つくると厚みが無くなってしまうのでプラ板を接着
20181214-1.jpg
久しぶりにWAVE黒瞬着登場です。黒瞬着の良い所はサンドイッチのハムのようにそこだけ色が変わるため、削っている最中にどこが接着した部分か確認することができる事。プラ板など積層する時に使うと色々便利です。デメリットとしては黒いラインが見えてしまうので曲面の場合に面の確認がしにくくなる事と、塗装時に隠蔽しないといけない事でしょうか。
20181214-2.jpg
ポリパテで隙間を埋めつつ面出しに入ろうかと思いましたが、左右均等に厚みを付け足した分、キット自体のレジン部分の厚みに左右差がある事に気がつきました。多分ハンドメイドの原型なので仕方ないですね。簡易トースカンを使って修正します。
20181214-4.jpg
トースカンに鉛筆をセットし、合わせたい高さに調整。そのまま削りたい面にスライドさせて線を書き込むと、高い所だけ線が引かれるので左右の高さの違いが目視できるようになります。削って書いてを繰り返して大まか調子しました。写真ではわかりにくいので、そんな感じで調整したよという事で。

C面自体も左右で違いが出るとカッコ悪いので、またまた簡易トースカンでラインを引いておきます。
20181214-3.jpg
もっとしっかりして自分なりに使い易いトースカン、ちゃんと作ろうかな、、、

面を削ってこんな感じです
20181214-6.jpg
20181214-5.jpg
黒瞬着のラインがわかり易いかと。
後で調整できるようにある程度でやめて、サフ後に最後の追い込みをします。

次回はサイドポッドインテーク部分の細かい部分とキールに向かってのラインをもっと整えつつ、コクピット周りの修正を進めます。左右のレギュレーションフィンを置き換えるかどうか迷い中。埋め込みにくい所にあるのと実車でもただの板ではないので迷いますね、、、そんな所もまた楽しい製作。効率とか時間はどうでも良いので、自分にとって楽しい模型との向かい合い方をしたいですね。久しぶりに色々作業してて本当に楽しいです!

コメント

非公開コメント

プロフィール

DENDOH
DENDOH

2010年10月にプラモデルの世界へ足を踏み込んだトーシロモデラーです。表現にセオリーなんていらない。時間に縛られず、やりたい事をやりたいようにやってしまいますのでよろしくお願いします。

twitter